勤続1年未満でも転職できました

MENU

CLOSE

勤続1年未満でも転職できました

24歳・女性・事務大学卒業後、新卒で入った職場は、バス事業や小売り事業・不動産事業など幅広い事業を展開している会社でした。4月~9月までの半年間は研修期間として、その事業をすべて経験し、適性を見たうえで10月から本配属となりました。

私の配属された課は、なんともタイミングが悪く、11月に一人、12月にまた一人と産休に入る先輩がいました。配属して3か月後には完全な人手不足が決まっていたのです。

新卒なので仕事の経験はもちろんゼロ、電話が鳴るだけで焦るような新入社員が、2か月で二人分の仕事をカバーすることはできず、毎日のように3時間前後の残業をしていました。気付けば帰宅中、涙がでるようになってきました。徐々におかしくなっていたらしく、家族にもイライラしていました。自覚がないまま様子は悪化し、気付けば会社の更衣室から出ることができなくなり、やっと自分の状況に気付き、退職することにしました。

1、2週間は就職活動はせず休養期間にしましたが、働いてないということが不安だったのでわりとすぐに就職活動を始めました。まずはハローワークに出向き、しくみなどの説明を受けました。また転職サイト「マイナビ転職」にも会員登録。結果的にはマイナビの方はほとんど使わず、ハローワークに通って就活していました。

私は自宅のインターネットでハローワークの求人情報を閲覧し、採用試験に挑戦したいと思ったところをいくつかピックアップし、ハローワークへ出向き紹介状をもらうというような形をとっていました。ハローワークに掲載されている求人には、紹介状がないと応募できないのです。

ハローワークにもパソコンはあるのでそこで求人情報を見ることもできます。また職務経歴書も必要であることがほとんどですが、就職活動を一度経験していたのでそこまで大変ではありませんでした。ハローワークの方にチェックしていただくこともできます。私は2カ月くらいで志望度の高かった会社から採用をいただき、転職に成功しました。

現在は環境が整っており、職場の方々にも恵まれ、最高の職場に出会えたなあと思っています。前の職場でボロボロになっても、それでも「辞めます」と言うのは勇気が要ります。「もう少しやれるかも…」と思ったこともありました。私は前の職場は1年未満で辞めることになるので、そのあとの就職活動は難しいのではないかと不安にも思いました。

ですが転職に成功した今、本当にあの時勇気を出して辞めてよかったなあと思います。今、何かの事情で転職を考えている方がいて、もし私と同じようなマイナスの要素が原因だとしたら、ぜひ動いてみてください。辞める前に求人を見てみるだけでも勇気が少し沸いてくるのではないかと思います。勤務歴が短くても、本気で働きたいという気持ちがあれば転職は成功します。心より応援しています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧