MENU

CLOSE

正社員にこだわらない

学生時代も就活をやっていたのですが、結局正社員にはなれず、フリーターをやっていました。私自身、やりたいことはあったのでそれをやろうと思ったのですがただ、昔から学校や組織にいること自体があまり好きではなかったので「どうしても正社員じゃないとだめなのか?本当にそれでいいのか?」と思うようになりました。

実際周りに自営業や社長をやっている人もいるし、自分で事業を立ち上げたり得意なことで商売をしている人もいます。会社で働くことが本当に自分に合っているのか?を考えるようになっていました。ネットの記事も漁ってみたり、転職専用のサイトも観てみたりととにかく自分に必要そうな情報をたくさん調べました。

その時見つけたのが、在宅勤務というものです。リモートワークとも呼ばれるものですが、正社員でも在宅勤務の方はいらっしゃるようです。丁度機材も自分部屋に揃っていて、インターンシップという名のバイトをしていた頃にある程度知識やどんな人がどんな事をしているのか?というくらいは把握していました。なので、この手の求人に応募して直接自分で営業した方が早いんじゃないかと考えるようになりました。その当時はとにかく営業メールや書類を送りまくりまくりました。そして何とかたどり着いた電話面接でもどうやら頑張ってほしいとのことで採用して頂きました。

実際、社員ではないですがお金を頂けていますし、会社で働くことに固執しすぎると自分に合ったものが見えなくなってくるんじゃないかとこの仕事をしていて思うようになりました。確定申告や税金関係は少しめんどくさいですが、お金を守る知識を自分で身に着けて賢くお金を稼いでいくのであればこれでもよかったんだなと思いました。

また私は多趣味なので、趣味延長上で良くお金を稼いでいるので会社で決まった仕事をしていたら恐らく心が詰まっていたことでしょう。安定と引き換えに息の詰まるような毎日を過ごすと考えると、ぞっとします。個人的には基本的に一人で作業する方が仕事も捗るし、インターン時代にもあったのですが作業のスピードがとても遅かったので会社で働かなくてもいいのであればこの方法は正解だったのかもしれません。

実際、人の道具ほど使いにくいものはないですし元々就職自体が向いてなかったのかもしれません。今となっては直接お客様と取引をするようになりましたし、仲良くなれました。学生時代は正社員じゃなければ人間じゃないような扱いを受けていたので本当に苦しかったのですが解放されてよかったです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧