MENU

CLOSE

第二新卒の就活経験

現在31歳、男性、メーカー営業の会社員をしています。私は2008年3月に大学を卒業し、1年間海外で働いて帰国、2009年2月~第二新卒者として就職活動をしました。2009年はちょうどリーマンショックの時期だったので、当時はかなり厳しい情勢だったと思います。新卒で就職した同級生たちは売り手市場の中の就職活動だったようで、とてもうらやましく感じました。

就職活動を初めてまず感じたことは、新卒で求人に出されている有名な大手企業の求人はほとんどないことに驚きました。第二新卒者用のサイトを見ても聞いたことのない会社ばかり、従業員10人前後の小さい会社が多かったです。その時に初めて新卒で就職することのメリットに気が付きました。同時に就職浪人をする人の気持ちもわかりました。

人気のある求人には若干名の募集で100人以上がエントリーをしていてとにかく焦りました。自己分析、カウンセリングもしたかったので、第二新卒者用のサービスに登録をすることにしました。たくさんの求人にアクセスしたかったので、1度に4社程度の会社に登録しました。担当者とカウンセリングをして自己分析、セミナーを受けました。

担当者からは第二新卒の場合は、前職を短期で辞めてしまった理由付けをしっかりと説明できるようにとアドバイスを受けました。また、前職で身に着けたことを次の職場でどのように活かせるかもアピールした方がいいと言われました。この2点をしっかりとアピールできれば、あとは新卒の場合とあまり変わらないと思います。前職を退職した理由はネガティブな要素や会社の悪口はNGで、あくまで前向きに語ることが重要だと思います。

私の場合は、海外で働く期間を1年と決めていたので、そのあたりをポジティブに説明をしました。リーマンショックの影響でかなり厳しいと言われていたので、少しでも興味や関心がある企業にとにかくエントリーしました。エントリーしたのは15社でしたが、面接まで進めたのは3社だけでした。未経験者歓迎と謳っていても、未経験を理由にエントリーの段階で落とされることが多かったです。そのうち2社面接を受けて1社内定をもらって、4月から入社することができました。今を思えば、当時1か月程度のスピードで内定を得ることができたのは本当にラッキーだったと思っています。当時面接をしてくれた社長が前職での経験を評価してくれたのが大きかったと思います。この経験が何かの参考になれば幸いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧