第二新卒就活記。就職は戦争だ!!!!!!

MENU

CLOSE

第二新卒就活記。就職は戦争だ!!!!!!

私は前職を無理やり退職させられています。

理由は、上司の能力不足と同僚のヒステリーを理由に私へ責任をなすりつけられたからです。この件に関して私は、絶対に悪くないと胸を張っていうことができます。

しかし、まだ20代という未熟者で、すくなくとも私には裁判をやり、相手方の不当な扱いを立証するなどとは極めて困難でした。入社してから気づきましたが、あの会社のワンマンぶりは半端ないものがあります。責任の取り方もワンマンであればいいのですが、こういった輩は責任は下の方に降ろしてきます。とにかく、仕事を探すしかありませんでした。

職安にいき、転職サイトに登録をし、いろんな人に頭を下げて、必死に就職活動をしました。日本は短期離職にはなぜか異様に厳しく、短期離職をした者つまり根性がないという烙印を即座に押されてしまいます。本当に親と同居していなくてよかったと思います。親に「クビ」になったということを報告しようもなら間違いなく心配されるかパニックになっていたでしょう。

職安で「この求人には10人応募してますね」と言われてしまうと憂鬱な気分になったことを覚えています。とにかく、場数を稼ぐしかない、希望の業種以外にも幅を広げようと、強い気持ちで続けました。午前中は、履歴書を大量に書き、午後は面接に行く、そういった日々が一か月ほど続きました。私が最も辛かったのは、面接時に上記のように「根性が無い、最低でも3年は続けろ」等と言われることでした。なんの事情も知らない人間になぜこのようなことを言われないといけないのか、悔しさで涙が出そうになったこともあります。しかし、それを面接の場で言うわけにはいきませんでした。前職の悪口を言う者は特に嫌われるからです。

前職に不満があるから、退職をしているのになぜ不満を言ってはならないのか?これも私にとっては不満でした

。しかし、捨てる神あれば拾う神ありです。最終的には、某企業の人事部が、第一希望の部署ではないけれど、こういう仕事もあるけどどう?とおっしゃってくれたおかげで、今仕事に有りつけています。この企業に私は現在も勤め続けています。

結果としては、書類応募50、面接20、内定1と他にももう1社内定をいただけました。今転職を希望されている方については、労働条件に大きな不満がない限りは、「働きながら」転職先を探すことを強くお勧めいたします。プレッシャーの具合が全く違います。幸運を心よりお祈り申し上げます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧