自己分析の徹底で志望通りの就活に

MENU

CLOSE

自己分析の徹底で志望通りの就活に

私が第二新卒の就活をしている時は、ちょうどいわゆるブラック企業で働いていた時でした。

1カ月ごとに若い人が1人ずつのペースで退職し、社内の雰囲気は最悪でした。人が辞めれば、当然1人当たりに割り当てられる業務数も増えていきました。ただでさえ回っていない仕事が、さらに増えてもはやどの仕事がどこまで進んだのかさえわからず、何が何だかわからない状態になっていました。

ブラック企業にお勤めの多くの方はこの「何が何だかわからない」状態と自分がその状態を解決しようと「変な責任感」に振り回され、就活が進まないことが原因なのではないでしょうか。私も実際、心に余裕はありませんでした。

しかし、自分の趣味が心に余裕をもたらしてくれることに、休日のある瞬間気づいたのです。この趣味を何とか活かす職場はないものかどうか考えました。それと同時になぜその趣味を活かした仕事を探すのか、自己分析と自問自答を考えていくようになりました。

そもそも趣味を仕事にしていいものなのか?好きな趣味を仕事にした後、もしその仕事と合わないような事態が起きたら自分は立ち直れるのか?収入は見合うのか?自分の一生を賭けるに値する仕事なのか?を考えました。

まず自己分析ですが、私の場合、好きな物には異様なほどの集中力と好奇心を示し、他の人を圧倒する力を幼少の頃より持ち合わせていました。このことに初めて気づき、またそれに対して自信を持つことができました。また、自問自答はやはり答えはなかなか出てこないものでした。今も「正解」は見つけていないともいえる状態だと思います。

しかしどんな仕事にも大変なことがあり、それを乗り越えることで、人間は大きな達成感と報酬を得ることが出来るものだと、割り切っています。何より好きなものであれば、多少収入が見合わなかったり、プライベートの時間が少なかったとしても、きっと心の充実度は得られるだろうという結論に至りました。そこから自分の趣味を活かせる職種を探しました。

私の職種は小売りなのですが、少しニッチな職種だったため、思うように会社を探すことが最初できませんでした。しかし、本当にその仕事をしたいという想いがあれば、たとえ求人広告が出ていなくても、人事課に電話して問い合わせるのではないでしょうか?私が試しに電話をしてみると履歴書くらいは「ぜひ送ってください」という返事を頂けました。人生の中で大きな時間のウエイトを占める仕事ですから、それくらいの情熱をもって仕事を探すべきだと思います。結果、私は求人広告の出ていなかった志望会社1社だけ就活し、見事内定を頂くことができました。

今もその会社で仕事をしていますが、日々充実した生活を送らせてもらっています。第二新卒の就活だろうと何だろうと、やはり人は情熱をもって行動することが大切なのだと思います。この情熱は必ず人の心を動かします。逆に情熱のない就活は必ず失敗すると思います。クサイことをいうようですが、まず強い想いをもって就活をすることが就活成功の秘訣だと、自身の体験談をもって感じています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧