新卒から3年以内に辞める人は意外に多い!今どきの就職事情とは

MENU

CLOSE

新卒から3年以内に辞める人は意外に多い!今どきの就職事情とは

3人に1人が3年以内に仕事を辞める

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s

正社員で就職しても、新卒から3年以内に仕事を辞める人は3人に1人と言われています。各種統計でもこの数字は裏付けられており、マッチングの難しさを物語っています。ブラック企業という言葉が世間に浸透し労働環境に疑問を持って辞める人がいる一方で、自分の適性などに悩む人も多く、事前の企業研究の難しさも浮き彫りになっているのです。

また、対人関係で悩んで仕事を辞める人も多く、企業の情報だけを収集しても対処しきれない部分があることも確かです。一方で企業側も戦力の不足を補うために新卒だけでなく、第二新卒の求人も行って層を厚くする必要性に迫られているのです。これにはいくつかの理由が存在します。一つ目は、新卒だけにこだわると十分な人員が募集できない可能性があるからです。

就活の解禁時期は短く、多くの学生は大手企業を中心に入社試験などを受けることになります。中小企業などは新人を募集する時点で不利になる事が多く、人員を集めづらくなっているのです。また、人間関係などが原因で早期に退職した人間は非常に有能であるケースがもあります。特に大企業を退職した人間や、高学歴の人間も第二新卒では珍しくなく、優秀な人材が欲しい企業からスカウトがかかることがあるほどです。

第二新卒向けの転職サイト等を活用することで、企業側からスカウトを受けられることもあるのです。ただし、スカウトを受ける場合には積極的な転職活動や自己PRが必須になります。自分の経験や能力のユニーク性や、仕事に関する意欲を具体的に文章にすることは大切なポイントなのです。

まずは、正社員になっても3年以内に辞める人は珍しく、既卒者をターゲットにした就職市場があることを理解し、後ろ向きにならずに活用していくことが大切になります。

既卒だからといって不利にならない仕事は多い

5f6238bad97b4b3e56654fca9afc9ae1_s

既卒者でも第二新卒の範囲内であれば、就職に関する不利はないというケースが増えています。これは中途採用で人材を募集した場合は経験を積んだ人材も一緒に応募してくるためで、競争が激しいからと若者が集まらないケースが出てくるからです。長期キャリアの形成には年齢が若いことも非常に重要なポイントであり、将来の幹部候補を育てるなど、大きな期待がかけられていることも珍しくないのです。

そのため、第二新卒枠は第二新卒枠として募集されるケースが増えています。また、短期で転職をしたとしても仕事をしたいという意思を明確に示せば、キャリア上のマイナスととられない場合もあります。新卒であることが貴重なブランドとは言い切れなくなっているのです。ただし、第二新卒枠を活用する場合も、人気の職種は競争が激しくなることは理解しておく必要があります。特に事務系は募集が集中しやすいため注意が必要です。

これは事務が楽というイメージがあるからですが、実際には人間関係の中で仕事をしなければいけないため、コミュニケーション能力なども重要になります。営業は逆に倍率が低くなりがちです。これは年齢を重ねてもコミュニケーション能力を生かして営業で活躍する人が多いからです。30代であっても正社員の募集がかかることは珍しくないのが営業です。

しかし、営業は競争が激しく、辞める人も多い仕事であることは理解する必要があります。ノルマなども存在するため、過酷さについていけずに辞めてしまう人や、結果を残せない人も出てくるのです。自分でどのようなキャリアを積んで、将来どのように働きたいかを考えることは重要なポイントです。

事務系の仕事をすれば、どのような仕事でも書類仕事は行わなければいけないことが多く、プラスになりやすい面もあります。ただし、自分の適性を無視して転職や就職を目指しても長く続かなければマイナスの方が大きくなるため、やりたいことを突き詰めるのも一つの方法となっているのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧