未経験で就職できるホワイトカラーとブルーカラーの職業

MENU

CLOSE

未経験で就職できるホワイトカラーとブルーカラーの職業

未経験で正社員として就職できるホワイトカラーの職業

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

就職をしてみたものの何らかの理由で退職する人は多いです。しかし、第二新卒ならまだ年齢的にも若いですので、専門的な資格を持っていなくても十分に正社員として就職することは可能です。また、既卒者に比べても第二新卒は社会経験が豊富ということもあり、転職するには状況は有利です。では、未経験からでも就職できるホワイトカラーの職業を紹介していきます。

営業職

営業職でしたら未経験からでも就職することはできます。営業を募集している業種は、不動産やリフォーム関係、人材派遣関係の募集は数多くあります。他にも商社などのメーカー関係でも営業を募集しています。これらの業種では常に人手不足になっていることが考えられますので、20代なら余裕で就職することができるでしょう。営業は男性が多いというイメージですが、女性でも働くことは可能です。

ただし、営業は成績で評価をされることが多いので、結果が出ないと厳しいかもしれません。どんなに一生懸命に頑張っても成績がついてこないと評価をされないこともありますので、あきらめない気持ちを持っているのなら採用される可能性は高いでしょう。未経験での応募になりますので、体力とやる気を前面に出すのがいいです。会社を選ぶ際には、同行研修や商品研修をしっかりと行っているのかを確認することが大切です。

事務職

事務職と聞けば簿記などの資格を持っていないと就職が難しいのではないかと考えている方もいます。確かに経理事務になると簿記は必須という会社もありますが、パソコンの入力ができればかまわないという会社はかなり多いです。専用ソフトに入力することで業務そのものが成り立つことがありますので、未経験でも十分に就職することができます。

事務職に求められるのは、社内で他の社員と仕事をすることから協調性を持って業務に取り組むことや、臨機応変に作業をすることが求められます。電話応対やお客様対応をすることもありますので、何でもするという気持ちが応募することが大切です。事務職は男性よりも女性を求めていることが多いです。

コールセンター

コールセンターは常に募集をかけていますので、第二新卒の方でも既卒の方でも求人を目にしたことはあるのではないでしょうか。コールセンターには発信業務と受信業務があって、それぞれで変わってきます。発信業務は、商品を販売するために電話をかける業務になりますので、ノルマが発生することがあります。受信業務は、商品の扱い方や商品の注文の電話を受ける業務になります。

どちらもお客様と話をすることが好きな人には向いている業務で、話をするのが好きではない人にとっては苦痛です。そのため、辞める人が多い職業です。就職すると最初はオペレーターから始まり、経験を積んでいくと管理する側に回っていきます。コールセンターの仕事はストレスを多く抱える仕事になりますので、人と話をするのが好きで、ストレスと上手に付き合えることをアピールすることができれば、就職することはできます。

未経験で正社員として就職できるブルーカラーの職業

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

工場勤務のブルーカラーと聞けば職人をイメージするかもしれませんが、実はそうではありません。工場へ未経験からでも正社員として就職できることはありますので、それぞれ紹介していきます。

  • 工程管理

製造工程には、組立や加工といった製造工程があります。製品をいつまでにいくつ作らないといけないなどを管理している部署が工程管理という部署です。いくつもの製造工程を経験して、工程を管理することを覚えていきます。作業者からのスタートになることは多いですが、やる気があれば就職することはできます。どちらかと言えば、男性向きの仕事内容になります。

  • 品質管理

品質管理は、主に検査をして良品と不良品の判定を行っている部署になります。もしも取引先からクレームが入った場合は、再度のクレームを起こさないようにチェックするのは品質管理の仕事になります。工場や作っている製品にもよりますが、それほど体力を必要としないことや、検査をしながら仕事を覚えていく形になりますので、覚える気持ちと細かい作業をしたいということをアピールできれば就職することはできます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧