第二新卒や既卒は年収が下がりやすいって本当?どうしたらいい?

MENU

CLOSE

第二新卒や既卒は年収が下がりやすいって本当?どうしたらいい?

既卒や第二新卒で年収アップは厳しいのが現状

転職すると年収は下がりやすい理由とは

既卒や第二新卒として就職すること自体はそれほど難しいことではありません。一方で、既卒や第二新卒として転職した場合に、前にいた職場よりも年収を増やすことはとても困難です。ほとんどの人が以前の仕事よりもお給料が下がってしまいます。

それは何故かというと、お給料の良い企業や大企業ではあまり積極的に第二新卒を募集していないからです。待遇が良いので、あまり人が辞めず、人手不足にならなりません。ごく稀に急に業績が向上して人手不足になってしまい、積極的に良い待遇で求人をかけている企業もありますが、それを見つけたらかなりの幸運だと思いましょう。

一方で、お給料や待遇があまりよくなかったり、仕事がハード過ぎたりするブラック企業は人がなかなかいつかず、求人が盛んです。また、就職どころか、正社員になれないリスクもあります。

転職活動が上手くいかず、働けるのならばそれで良いと、アルバイトや派遣社員、契約社員になってしまうと年収は大幅にダウンしてしまうことが多いです。給与自体が減ってしまうだけでなく、正社員で働いていたころならば当たり前のようについていた手当が無くなってしまうこともあります。当然、ボーナスも期待できません。しかし、社会保険などはある程度の年収があるのならば、相応に引かれてしまいます。

一方で、一時的な年収ダウンしか見ないのはとても勿体ないです。企業によっては、転職直後は前に働いていたところよりも年収がダウンしてしまったとしても、今後の努力次第では前の企業で働き続けるよりも年収をアップさせることができるかもしれません。今現在だけでなく、その企業の将来性をしっかりと見極めてみましょう。

転職で年収を上げるためにできることとは

一般的に、第二新卒というのは基本的なビジネスマナーを身に着けているといっても、即戦力はあまり期待できません。そのような人にあまり高いお給料を払うのは実際に難しいです。

それを理解し、経験の少なさを補うために、転職する前に即戦力になりやすい資格を取得したり、第二新卒にこだわらずある程度実績や経験を積んでからより好待遇の同業者に転職したりするという選択肢も視野に入れてみると良いでしょう。

また、自分の力だけでなく、誰かの力を頼るのもおすすめです。転職エージェントやキャリアコンサルタントに相談をしてみると、自分に合った職場や働き方の提案や紹介を受けることができます。

年収ではなく、幸せに働ける場所を

第二新卒や既卒として、今働いている企業よりもお給料の良い正社員への転職を目指すのはなかなか難しいのが現状です。

しかし、年収がダウンしてしまうという理由だけで第二新卒を諦めてしまうことは勿体ないです。第二新卒ならばほとんどの業界で未経験でも受け入れてもらえます。スタート時点では年収はあまり期待できなかったとしても、努力次第ではアップも望めます。

最初の職場に居続ける場合でも給与を上げたり維持したりするのには努力が不可欠です。どうせ頑張るのならばやりたいことができる職場で頑張った方が幸せな人生を送ることができるでしょう。また、いくらお給料が高くても残業が多かったり、プレッシャーが大きかったり身心を削るような働き方を長く続けることは難しいです。

お金はある程度ないと生活はできませんが、お金だけにとらわれずに仕事を選ぶことを検討してみましょう。仕事内容はもちろん、残業時間はどれくらいか、休日はどれくらいあるのかなども長い目で見ればとても大切なことです。また、給与自体は多くなくても安くて美味しい社食があったり、格安の寮があったりする企業もあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧