第二新卒が有利?大手企業の正社員になるために大切なこと

MENU

CLOSE

第二新卒が有利?大手企業の正社員になるために大切なこと

大手の魅力と第二新卒を雇う意図

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

近年の大手企業の採用枠の変化

働き手の多い大手企業は、事務職や営業職などさまざまな業種を派遣社員やパートなどに任せていることが多かったのですが、短期間で入れ替わるこうした人員はそのたびに人件費が掛かってしまいます。近年では正社員としての直接雇用枠を増やすことでこれを節約していこうというスタンスの企業が増えていっており、第二新卒や既卒も積極的に雇っていく姿勢を見せているのです。

大手企業は給与が高めでなおかつ福利厚生がしっかりしていますし、経営状態も安定してるという安心感も魅力の一つです。研修内容が充実していて既卒や第二新卒でも一から教育を受けられることが多いため、就職するのであれば大手企業と考えているかたが多くなります。そこに就職をして将来的に転職する道を選んだとしても、前職の知名度で選択肢を広げられることもありあらゆる面で有利になります。

大手企業が第二新卒を雇う理由

第二新卒で正社員経験があった場合には、戦力になるとして新卒よりも積極的に採用を行うとする企業は少なくありません。しかし研修体制が整っている大手企業の場合には既卒とは違い、第二新卒も新卒と同じポジションとして扱われやすくなります。

それでも新卒に拘らず第二新卒も採用する理由としては、社会を経験していることで研修を短期間で終わらせやすく、早くに仕事を吸収して研修コストを削減できるというメリットががあるからです。社会常識が新卒よりも身についているため、新人を一から教育していくよりもそれに費やす時間や人件費を少なくすることが期待できます。

その上若いために前職に就いていた期間も短く、独自のこだわりやスタンスというものも薄いのが第二新卒の特徴です。変な癖がついていないため既卒よりも教育しやすいと見なされやすく、雇う企業としても都合がいいのです。

大手企業に入社するための心構え

2771f800be5c505738f4bf26a01b9c31_s

明確な目標をやる気を持つ

第二新卒が就職するための方法としては、

  • 新卒枠から応募する
  • 中途採用枠で応募する

この2点があります。

営業や事務などのどんな職種にしろ、新卒枠から応募すると社会人経験が数年でもあることで優位に立てるのはメリットです。一度社会に出たことで「とりあえず大手に就職したい」という漠然とした目標ではなく明確にやりたいことが定まっているというかたが多いためそれもアピールポイントになります。企業はこうした意識の高い人を求める傾向にありますので、面接時にアプローチできれば心象も良くなるでしょう。

中途採用で応募する場合は既卒や第二新卒者同士の競争となりますが、条件が同じである分前職を辞めるに至った理由を明確にすることや就職のために努力しているポイントなどを企業に訴えていくことで正社員採用も遠くはなくなります。第二新卒でいられるうちに積極的に大手企業に接触をしていくといいでしょう。

就活に資格取得は必要か

仕事をする際に一番大切なのは能力を実践に活かせるかどうかではありますが、求人に応募して採用を望んでいる多くの人たちは自身の能力をわかりやすく把握してもらうために資格を取ります。大手企業への就職を望んでいればなおさらですし、能力を活かして仕事をしてきたという事実があっても履歴書に書くことのできる資格があったほうが面接時の印象はよくなるでしょう。

事務職であればパソコン資格があればどのレベルまで操作が可能かわかりやすいですし、語学能力があれば検定試験で高得点を取っておいたほうが実力を示しやすくなります。面接時にも資格から話題を広げて自身の能力をアピールしていけますので、なるべく取っておいたほうが賢明です。

大手企業を狙う際の注意点

第二新卒は少なくとも短期間に一度辞職を経験していることになりますので、企業が気をつけているのが同じことを繰り返さないかということです。継続して仕事を続けられる人間であるかどうかを見極めることに慎重ですので、自身も長期雇用を望んでいる企業のみにチャレンジしてやる気を示すことが大切になります。

大手企業は「就職してもすぐ辞める人が多い」といったイメージがつくことを嫌います。転職理由も前向きなものにして、心証を悪くしないようにしてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧