第二新卒に潜むリスクに気を付けて!本当にあなたにとって必要?

MENU

CLOSE

第二新卒に潜むリスクに気を付けて!本当にあなたにとって必要?

第二新卒はあなたにとって本当に必要か?

大学を卒業して就職し2年から3年程度たってからの転職は第二新卒として歓迎される傾向があります。まだ即戦力とは言えないけれど、十分に若く、そして基本的なビジネスマナーを身に着けていて、一度就職をしたことで、自分の適性や目標などをしっかりと意識することができている人という人物像が期待されているからです。

第二新卒で転職活動をするときにはそのような若さやこれからのポテンシャルの高さを売りにすることは間違ってはいません。

しかし、一方で採用する側の企業はそのようなフレーズは聞き飽きているのもまた事実です。実際に第二新卒に期待している企業もありますが、一方で、「3年も同じ仕事を続けることができなかった人」かもしれないという目で見る人も少なくありません。

第二新卒で転職活動をする場合はそのような目で見られないようにする必要があります。また、仕事を始めて2年から3年経つ頃には誰でも、自分の人生や仕事について考えるようになります。無我夢中で仕事を覚えて、慣れてきた頃、このままでいいのかな?と思うのは当たり前のことです。

しかし、このままでは不満だと思ったからといってすぐにこの企業は合わなかったと判断するのは早計です。今はまだ不満が多かったり、理想から遠かったりしても、当たり前です。仕事を続けていくことでたどり着ける境地もあります。

僅か数年で理想の仕事ができなかったり、自分になれなかったりしたからといって転職をすると、転職先でもやはり理想はかないません。仕事に慣れてきた頃、今の仕事や今の自分について見つめ直すのは悪いコトではありませんが、安易に転職に踏み切ると結局何も成せない人になってしまうかもしれません。

今、働いている場所で頑張り続けることで、不満が改善したり、理想に近づくことができたりしないかどうかについても考えてみましょう。

第二新卒は待遇が下がるリスクが大きい

第二新卒歓迎を謳っている企業は多いですが、実際には既卒や第二新卒も良い人材ならば歓迎しますよ、というだけに過ぎないことを知っておきましょう。

実際に、新卒で入った企業以上に待遇の良い会社を探すのは困難です。まず、正社員の仕事を探すことが困難です。いずれ正社員になる可能性があるとしても最初は契約社員や派遣社員からスタートすることも多くあります。正社員にこだわるのならば大抵の場合、営業の仕事しかありません。営業の中でもノルマの厳しい仕事や飛び込み営業がメインのようなプレシャーがかかるものが多いです。

また、最初に就職した企業があまりにも残業が多く、残業が少ない会社に転職した場合、年収がガクンと下がってしまうことも多くあります。このように、第二新卒は既卒でも就職させてくれる企業ならば何でも良い、今の会社を辞められるのなら何でも良いという安易な考えだと新たな後悔を呼んでしまいます。

まだ若いからなんとかなるだろうと意気揚々と会社を辞めて転職活動をしたけれど、うまくいかず、常に人手不足のブラック企業でしか働くことができなかったという結末になってしまうこともあります。第二新卒での成功を目指すのならば、自分が何を優先させるのかをはっきりと決めましょう。

やりたい仕事をするためなのか、残業を少なくするためなのか、などです。そして、それを手に入れる為ならば、多少年収が下がっても良い、あるいは忙しくても良い、最初は正社員でなくても良い、など妥協や覚悟も必要です。

既卒で、しかし、即戦力になるとも言えない20代で、今いる企業よりもすべての面で優れている企業に転職できる可能性はかなり低いことをしっかりと自覚しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧