第二新卒で未経験の正社員狙いならば営業がおすすめ!

MENU

CLOSE

第二新卒で未経験の正社員狙いならば営業がおすすめ!

第二新卒の求人は営業が盛ん

未経験でも営業なら大歓迎

第二新卒や既卒採用が盛んであるといってもまったくの未経験者を前の職場よりも高い年収で雇ってくれたり、最初から正社員として就職させてくれたりする職種はそれほど多くありません。

しかし、営業だけは違います。第二新卒や既卒で一般的な社会人としての振る舞いやマナーを身につけているのならば、業界未経験であっても歓迎をしてくれます。

営業ならば大手企業への就職も夢ではない

大手企業は新卒採用に力を入れていて、管理職の中途採用はあったとしても、第二新卒や既卒の採用にはそれほど積極的ではありません。しかし、営業だけは募集していることが多いです。大手企業はそれだけ年収が期待できるほか、福利厚生も充実していることが多いです。また、さらに転職を繰り返す場合でも、大手に勤めていたという経歴は高く評価されることが多いです。

営業は頑張り次第で稼ぎやすい

営業という職種は頑張り次第で稼ぎやすい職種です。成果がそのままお給料に反映されることが多いので、モチベーションを保ちやすいです。前の職場で正当な評価をしてもらえなかったという不満がある人にもおすすめの業種です。

営業はさらなるステップアップも望めます

第二新卒や既卒で就職した職場にそのまま長く居続けることももちろん良いですが、営業の場合は転職の多い業種です。さらに年収アップや待遇アップ、またやりたいことのために転職を繰り返す人も少なくありません。理想を持ったり、ステップアップを目的としたりする転職ならば営業という業種ではマイナスに評価はされにくいです。

営業の仕事は厳しい

営業は実力主義です

営業は未経験者の第二新卒や既卒であっても正社員で雇ってもらいやすい職種ではありますが、一方で実力主義の厳しい世界です。成果を出せば大幅な年収アップも望めますが、逆に、成果を出すことが出来なければ風当りは厳しく、肩身の狭い思いをすることを覚悟しましょう。

営業のなかでも飛び込みや電話アポは厳しい

営業の仕事は厳しいことも多いです。厳しいノルマに追われてしまう職場もあります。とくに、営業のなかでも飛び込み営業や電話をかけ続けるようなことがメインの仕事は慣れるまではきついです。断られたり、迷惑がられたりすることも珍しくありません。

しかし、それですぐに辞めてしまうと次の就職にはもっと苦労することになります。自分には向いていないと思うのならばあらかじめ、そのような職場は選ばないようにしましょう。面接は自分が見られるだけでなく、自分が職場を見定める場でもあります。

どのような業務なのか、ノルマはあるのかなどあらかじめ質問するようにしましょう。可能ならば職場の見学もさせてもらいましょう。働いている人達の様子などを見て判断すると良いです。

また、営業が未経験ならば基本給が少なくて歩合制の割合が高いところよりは成功報酬はあまり高くなくても基本給がある程度あるところを選ぶのがおすすめです。基本給は低すぎると月収だけでなく、ボーナスや年金、退職金などにも影響が出てきます。

営業で働くならば好循環を目指して

第二新卒や既卒で未経験の営業に就職をしたのならば、最初は緊張するかもしれませんが、小さな目標を設定し、コツコツと働きましょう。断られた数がどれだけ増えたとしても問題がありません。それだけ営業をこなし、経験を積んだという証明です。

そして、数をこなせばそのうち契約にも繋がります。契約すれば、お客様さんにも喜ばれ、上司にも褒められ、収入も増え、自分のモチベーションも上がります。そしてそれを繰り返しているうちに仕事にも馴染んできて、さらなる契約に繋がります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧