派遣社員も悪くない!あえてハケンを選ぶ人の理由とは

MENU

CLOSE

派遣社員も悪くない!あえてハケンを選ぶ人の理由とは

派遣社員ってなにが良いの?派遣社員のメリットとは?

ebb75edc21f2c03ad09a40cde7fceebb_s

大手派遣会社に人材登録をすることで自分に合う仕事を紹介してもらえる派遣社員は、手軽で簡単に仕事が始められるイメージから世の中に定着してきました。派遣社員は正社員と比べると、どうしても不安定というイメージが付きまといますが、一定数の人達に人気があるのは事実です。派遣社員を選ぶことの最大のメリットとして、自分の時間が作りやすいということが挙げられます。

正社員と比べて時間外労働を押し付けられにくい派遣社員は決まった時間に帰宅することができ、子供のお迎えや習い事など仕事にとらわれず優先することができます。また、派遣社員は契約期間が3カ月、6カ月、1年とあらかじめ決められています。

派遣先企業が派遣社員の契約更新を望めば、継続して仕事を続けることも可能ですが、この場合、自分の意志で契約更新するか契約満了するか決定することができるので、会社の雰囲気が合わなかったり、仕事を中断したいと思っている場合、会社に縛られにくいというメリットがあります。さらに、派遣社員を募集している企業は大手から中小企業まで様々な職種があります。

事務職や営業職はもちろん、専門的な知識を擁する職種も募集されているうえ、正社員として入社しにくい有名企業でも派遣社員としてなら就業する機会が得られやすいのが特徴です。このように、派遣社員として働くメリットはたくさんありますが、派遣社員のデメリットも少なからず存在します。

派遣社員として就業している期間は社会保険や雇用保険なども完備されていますが、生涯年収では正社員よりも遥かに少なくなることがほとんどです。派遣社員として働くなら派遣社員のメリットとデメリットをしっかり把握する必要があります。

あまり知られていない一般派遣と特定派遣の違い

知らない人も多いのが派遣社員の種類で、通常、派遣と言うと一般派遣と特定派遣の2種類に分類されます。世の中に浸透している一般派遣とは、人材派遣会社から登録派遣として契約企業に送られる人達のことを指し、派遣先企業との契約期間が満了となれば別の派遣先が見つかるまでは無給で過ごすごとになります。一方で特定派遣とは人材派遣会社の正社員または契約社員として、契約先の企業に派遣されます。

特定派遣は雇用形態が正社員という位置づけになることが多い為、一般派遣よりも給料が高めでボーナスなどの支給や有休休暇などの福利厚生がしっかりしているのが特徴です。今のところ特定派遣はIT関連の派遣会社で扱っていることが多く、職種が限られてしまうのが現実です。

派遣社員として働く道を選ぶ人達の理由とは?

80e0c1da42897d2cc5593e963506d15c_s

派遣社員というと、正社員として就職先が見つからず仕方なく派遣という道を選んでいると思われがちですが、派遣社員として働く人の中には、様々な考え方で自分の意志で派遣という道を選んでいる人達も数多く存在します。年齢が若い第二新卒や既卒などは自分の夢の為にあえて派遣社員という道を選ぶ人達も多いです。一度就業経験のある第二新卒者なら、勤めた会社で嫌な思いをして自ずと自由な働き方ができる派遣と言う道を

選ぶ人もいます。その反面、就職が決まらず不本意で派遣社員として働く人たちも確かに存在しますが、派遣先企業には事務や営業、様々な専門職が存在するので、正社員では決まらなかった職種も、派遣社員としてなら自分のやりたい仕事に就ける為に、あえて派遣という道を選ぶ人もいます。

第二新卒や既卒の若さなら派遣社員として働き、派遣先企業に気に入られることでそのまま正社員として迎えられることがあるので、あえて派遣社員から正社員へのステップアップを狙って派遣社員として働く人たちもいます。派遣社員は不安定という悪いイメージがつきまといがちですが、自分の目的と意志をしっかり持っていれば派遣ライフも充実して過ごせるはずです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧