どこを見れば良い?第二新卒が自己分析で見るべき3つのポイント

MENU

CLOSE

どこを見れば良い?第二新卒が自己分析で見るべき3つのポイント

第二新卒がするべきは仕事についての分析

自己分析なんて、別に新卒で就職する時にもしてきたという方は多いでしょう。しかし、新卒で正社員になるための自己分析と、第二新卒からの転職における自己分析は別物だと言えるでしょう。第二新卒からの転職での自己分析では、仕事についての分析をしていかないとならないのです。

新卒で正社員を目指す際には、どちらかというと性格的な自己分析が多かったと言えるでしょう。たとえば自分の長所はこんなところですとか、自分の武器はこういう性格ですとか、そういうことをアピールしてきたはずです。確かにそれは、社会での仕事を経験していない学生という立場では正解だと言えます。

しかし第二新卒は、社会での仕事を経験しているのです。ということは、そういう抽象的な、確信のもてないアピールではなく、こういう仕事をしてきたからこういうことが出来るとか、そういう具体的なアピールが出来るはずなのです。だったらソレをアピールしない手はありません。だから、第二新卒が自己分析をする時には、仕事に関する分析をしっかりとしないとならないのです。

具体的に見るべきは3つ

でも、仕事における分析をしないとならないと言っても、具体的には何を見ていけば良いのでしょうか?仕事における分析で具体的に見ていきたいのは、3つです。

仕事に何を求めているのか

まずは、仕事に何を求めていたのかという事です。せっかく新卒で正社員になれたのに、その安定を蹴って第二新卒で転職しようとしているのですからそこには必ず不満があったはずです。まずはその不満を見ていきましょう。それはつまり言い換えると、仕事に何を求めていたのかを見ていくことになります。

たとえば年収を求めていたとしたら、年収が低かったら不満になります。仕事に求めているものが満たされないから転職したくなったはずなので、しっかり見ていけば、自分が仕事に求めるものは必ず見えてきます。それが見えたら、あとはそれを転職先の価値観や考え方、あるいは仕事内容などと照らし合わせて調節していくだけで、面接での質問対策になるでしょう。

第二新卒の面接では、仕事に何を求めるか聞かれることも多いですし、何故第二新卒として転職しようとしているのか聞かれることは確実にあります。

仕事をする上でなにが得意だったか

仕事をする上でなにが得意だったかということも、しっかりと分析していかないとなりません。仕事をしていたら、これは得意だけどこれはあまり得意ではないということはいくらでも出てくるでしょう。だから自己分析ではそれをまとめていくのです。

仕事で実際に活かせていた得意なことというのは、これから先にも活かせる可能性が高いです。それは当然企業側もわかっていることなので、第二新卒の面接ではそれを聞かれることも多いでしょう。だから、しっかりと自己分析して、実際に何ができていたのかを語れるようにしておかないとならないのです。

それは、既卒にはない第二新卒だけの武器になります。既卒は就職経験がないわけですから。なので、それがきちんと語れたら、既卒に大きな差をつけられるようになり、就職もしやすくなるはずです。

将来の目標は何か

仕事に求めるものや、仕事で活かせる点を考えたら、あと自己分析するべき大事なポイントは1つです。それは、将来の目標は何かということです。仕事をしていく上で、将来どうしたいかということはすごく大切です。いうなればそれが働く上でのモチベーションになりますから。

極端な話企業側もそれがないと、また転職されてどこかへ行かれてしまうのではないかと思ってしまうものなのです。だから、それも考えておくべきです。そしてそれは、仕事に求めるものや仕事で活かせる点などと上手く絡めて考えていけば、なお良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧