第二新卒が有利!?本当に企業が求める人材

MENU

CLOSE

第二新卒が有利!?本当に企業が求める人材

第二新卒と既卒の転職先は様々

a04646e482d53e6d8bc16b069ba191ba_s

企業が求める前に自分が目指す場所が大事になる

企業は優秀な人材を求めていると良く言われますが、優秀なのが具体的にどの様な範囲なのか分かっていない事が多いのです。第二新卒は基本的に経験が浅く、まだまだ若手として企業が求める年齢にいるのです。もちろん、既卒でも同じです。第二新卒でも既卒でもそれぞれに向けた就職活動サイトはあります。しかし、どちらの場合でも入りたい企業を求める事が大事になります。

何が言いたいのかと言うと、第二新卒でも既卒でも前向きでビジネスをやる心構えが出来ているかどうかを企業は見ています。第二新卒なら前にいた会社と同じ事をしては失敗してしまいます。冷静に転職エージェントの力を有効に使い、アピールポイントをまとめた後に活動を開始する事が大事です。

第二新卒は社会経験があるので、大手企業や公務員など目指せる場所は沢山あります。論文や面接を重視する会社が多いので、しっかりと自分のアピールポイントと向上心、入社する会社で何ができるのかを伝えないといけません。

既卒や第二新卒がハンデにならない求人サイトがある

既卒や第二新卒と言う区分をされて、気持ちが乗らない人も多くいます。しかし、現在は既卒や第二新卒がハンデにならない求人サイトも存在し、企業が理解した上で募集をしている場所があります。専門的に特化した場所なので、正社員枠もありますし事務や営業、SEなど転職先、就職先は様々です。こうした転職に特化したサイトはキャリアコンサルタントが付いてくれるので、営業の内面や事務の内面など職種の詳しい情報が分かります。

普通の求人サイトでは分からない事を教えてくれるので、知識が増える事は確かです。まず、ハンデになっている気持ちが無くなり自信が付くのでオススメされています。データ上は既卒の就職率は80%を超えるなど重要な場所である事が伺えます。

又、営業や事務がオススメされるだろうと思っている人もいますが、IT系に強い既卒と第二新卒向けサイトもあります。道を自分で決めず、転職先は普通の就職活動をしている人と変わらない事を意識して下さい。

企業が求める本当の人材は第二新卒と既卒

660c38a92a55fbe913cba13338cf8f45_s

企業が求めているのは将来性ある人材

新卒よりも第二新卒の方が実は企業が求めています。企業からすれば、社会マナーができており新人に対する研修も要らないと考えます。転職する人が考えている以上に新人に対して行う研修コストは高く、企業側は第二新卒が本当の新卒だと思っている場合もあります。単純に新卒として採用するよりもコスト的な問題だけでなく、第二新卒の方がやる気があり、将来性を求める事ができるからです。

全体的に見ると、第二新卒の方が後から入社したと言うデメリットを感じるので努力する人が多いのです。その結果が三年後に出てくるため、本当に求めている人材が三年後に出来上がる訳です。適当に転職する様な人ではなく、将来性を持ち転職先に馴染み、かつ柔軟性ある活動を行えるなら素晴らしい人材なのです。

既卒が就職できないと言うのはただの噂

一般的に学校を卒業し、そのまま何もせずに既卒扱いされる人は正社員になれなかったり就職できないと言われたりします。しかし、これはインターネット上や一般的な噂に過ぎず何のスキルもない人が就職を決めています。30代になって来るとハードルは途端に高くなりますが、20代の内からハンデを考える必要はありません。

スキルがないなら入社してから身に付ける姿勢を見せれば良く、やる気は新卒やその会社の誰よりも高い事を証明すれば良いのです。そのためにしっかりとその理由を分析し、企業に理解して貰う事ができれば、既卒でも関係なくなります。もちろん、アピールポイントをまとめる事は第二新卒と変わりません。既卒として空白期間に何をしていて、何故急に行動に移ったのか何故その受けた会社が良いのか伝える事ができないといけません。

又、既卒の立場を受け止めて譲れない点を考えて、会社を決めるのも大事です。加えて、例え30代になったとしても年齢を考えず、その会社でどれだけ活躍できどれだけ他の人と違うのか何の質問が来てもきちんと答えられる人物になる事が大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧