年収アップは期待出来る!?第二新卒転職で給料をアップさせるコツ

MENU

CLOSE

年収アップは期待出来る!?第二新卒転職で給料をアップさせるコツ

給料をアップさせるコツは2つ

第二新卒からの転職で年収をアップさせるためのコツは、大きく分けて2つあると言えます。

経験が活かせる職種を狙う

まず一つ目のコツは、経験が活かせる職種を狙うということです。第二新卒ということは、一度は正社員として採用された経験があり、そこで何らかの仕事を学んできたということになります。ということは当然、第二新卒を正社員として採用させようと思っている企業も、ある程度はその能力に期待しているということになります。

もちろん、その能力に過剰な期待をしている企業などないでしょう。もしそこをメインとして採用するのであれば、そもそも第二新卒ではなく、ある程度経験のあるベテランの社員を中途で採用すれば良いだけになります。でもそうしないのは、第二新卒や既卒のような若さを求めているからということに他ならないでしょう。

第二新卒の場合は、既卒とは違い、若さに加えてそうした経験があるわけなのですから、そこもアピールすれば、若くもあり、ある程度の経験もある、すごく戦力になりそうな人材に見せることが出来るようになるのです。もしある程度戦力になるように思われたら、当然年収アップにもつながるでしょう。

ある程度の実績をつくってから転職する

もう一つのコツは、ある程度の実績をつくってから転職をするということです。第二新卒の段階では、確かにあまり大きな仕事はさせてはもらえないでしょう。だからプロジェクトリーダーとしてなにかに参加をして、そこでそのプロジェクトを成功に導いた等、そうした実績を作るのは難しいでしょう。

しかし、それが難しくても、なにかのプロジェクトでこういう提案をして、それが採用されたとかそういう実績を残すことは出来るはずです。そうした実績があるのとないのでは、やはり採用する側から見た魅力も変わってきます。

そういう実績がなく、ただなになにの経験があるとだけ言われても、それがどのくらいのレベルかわからないので、高いお金を払うのは博打になるのです。博打にお金をつぎ込む企業というのは決して多くはないでしょう。

だから、博打にならないように、自分の実績を示し、自分がどういう能力のある人間かということをアピールする必要があるのです。それは給料アップにつながるだけでなく、それを示せばますます既卒との差がつき、就職もしやすくなると言えるでしょう。

最初から給料が上がることを期待しないのもコツと言える

第二新卒からの転職ですぐに給料をアップさせるためには上記の2つのようなコツが必要になりますが、場合によっては新卒で就職したところとは全然ちがうところに転職したくなることもあるでしょう。あるいは仕事でなにも実績ができないまま転職したくなることもあるかもしれません。

もしそうなったら、上記のようなコツは使えません。その場合にはどうしたらよいのでしょうか?もしそういう状況であれば、第二新卒からの転職ですぐに給料がアップすることを期待しないようにすることが重要になるでしょう。その状況では残念ながらすぐに給料を上げるというのは難しいと言えます。

いずれ給料が上がりそうなところを狙う

だからその場合には、いずれ給料が上がりそうなところを狙うようにすると良いでしょう。今すぐには無理でも、そこに就職してしばらくしたら給料が今のところより高くなりそうなところというのはたくさんあるはずです。そうすれば転職先の選択肢もぐんと増えますから、第二新卒からの転職もある程度スムーズになりますし、かつ、将来的には給料が今よりも高くなるでしょう。

いずれ給料が上がるところというのは、今の業績や、これからの将来性、そして実際にそこで給料をもらっている人の情報を見比べたりしたら判断できるはずです。そうして判断して、将来性にかけていくと良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧