ねらい目はここだった!第二新卒が中小企業を狙った方が良い理由

MENU

CLOSE

ねらい目はここだった!第二新卒が中小企業を狙った方が良い理由

中小企業は新卒者に辞退されてしまうから

第二新卒が中小企業を狙った方が良い理由としてまず言えるのは、中小企業は新卒者に辞退されてしまう傾向にあるからということです。誰だって、出来れば安定している企業に入社したいと思うものです。不景気な時代な上に、色々と物の移り変わりも早い時代になりますから、たとえ今多少業績の良い中小企業であっても、20年後にその企業があるかどうかはわかりません。

そう考えると、大手企業に入りたいと考える新卒者が多いのも納得できるはずです。だから新卒者は、中小企業とある程度の大手から採用を得られたら、大手に就職して行ってしまうのです。そして、そういう方が大手に就職してしまうということは、当然ながら中小企業は人手不足になってしまうことになります。

人手不足だから採用されやすい

そうして人手不足になった中小企業は次に何を考えるでしょうか?それは間違いなく、若い戦力が欲しいということです。でも新卒ではそうして断られてしまう。では、どこを狙えば良いのか?そう考えた結果たどり着くのが、既卒と第二新卒なのです。

だから、まず既卒や第二新卒であるというだけで、中小企業の場合には多少採用されやすいと言えます。もちろん全てのところがそうだということはありませんが、可能性的には採用されやすいところが多いことは間違いないでしょう。そして既卒と第二新卒がいたら、社会人経験がある分第二新卒の方が評価されるでしょう。

第二新卒からの大手は厳しい

採用されやすいというのは、第二新卒者にとっては大きなメリットです。なぜなら、第二新卒の状態で大手企業に正社員としての採用されるのはかなり難しいからです。大手企業に入れるのは、だいたいの場合、仕事でかなりの実績をのこした人か、あるいは全員が同じ条件だと言える新卒の時だけになるでしょう。

そもそも第二新卒を欲しがるほどに人材難になることもないですし、第二新卒から大手に入るのはかなり難しいのです。それでもめげずに大手を目指していたら、あっという間に第二新卒ですらなくなるでしょう。だから中小企業を狙うべきだと言えるのです。

すぐに就職できる可能性も高い

第二新卒が中小企業を狙った方が良い理由として、すぐに就職できる可能性が高いということも言えます。一般的に大手の企業では、就職を決めてもすぐに就職することは難しかったりします。あるいは、そもそも第二新卒の正社員採用の求人自体、新卒採用の時期にならないと出ないということもあるでしょう。

しかし、中小企業の場合は、直ぐに働きだすことができます。なぜならそこにはやはり、慢性的な人材不足があるからです。すぐに働くことが出来るというのも、すごく大きなメリットでしょう。

退職もすぐに出来るということになる

すぐに入社出来るということは、それだけ退社もすぐに出来るということになります。もちろん、仕事との兼ね合いはありますが、求人がないからずっと仕事を続けないとならないとかいうことはないはずです。また、求人がないのにすぐに辞めてしまって、気が付いたらフリーター期間が長くなってしまったということもなくなるでしょう。

新卒で就職出来た会社を辞めて第二新卒で就職するということは、それだけ会社や仕事に不満があるということでしょう。そんな状態では、いくらその会社の年収がよかったとしても、ストレスでおかしくなる可能性も有ります。だからといってすぐに辞めたらフリーター期間が長くなりすぎてしまい、今度は年収が低すぎてストレスがたまる可能性もあります。

でもすぐに入社することができれば、そうした二つのストレスとは無縁になれるということになります。そういうことがあるので、第二新卒の転職での入社は、出来るだけ早く出来た方が良いのです。それが出来る中小企業は、第二新卒にとって素晴らしい転職先であると言えるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧