未経験でも大丈夫?ネットワークエンジニアのお仕事

MENU

CLOSE

未経験でも大丈夫?ネットワークエンジニアのお仕事

ネットワークエンジニアとは

ddd58a0ff0a4c14d222f1e8d5bbbe536_s

ネットワークエンジニアはシステムエンジニアの一種であり、コンピュータ同士をスイッチやルータと言われる機器で接続し、快適にデータの送受信ができるネットワークシステムを提供するエンジニアです。主な仕事はネットワークの設計、構築、運用・保守をすることです。その中でも、システムの規模によっては上流工程と下流工程に担当が分かれることがあります。それぞれの工程では複数のメンバーが担当します。

上流工程

上流工程は、ネットワークシステム開発の初期工程にあたり、ネットワークの設計は上流工程に入ります。

  • 計画

客先に赴き、お客様からどのようなシステムを構築するかなどの要件を聞き出します。聞き出した要件から、どのようなネットワークの構成、機器、回線を使用するか、基本設計から運用までの一連の工程に関わる予算・期間・人員などを計画し、提案書を作成していきます。

  • 設計

作成された提案書を基にお客様と打ち合わせをしながら、ネットワーク構成や機器の詳細、手順やセキュリティ面に配慮したりなど、実装するための設計書を作成していきます。

下流工程

下流工程は、上流工程の次に行われネットワークの構築・運用・保守が入ります。

  • 構築

詳細設計をもとに回線の設置、専用機器、ソフトウェアの設定などネットワーク構築を行います。

  • テスト

計画書に基づき設計した通りに、正常に動作するかどうかを一つ一つ確認していきます。全ての動作確認において問題なく正常だと判断された後にお客様のもとに提出します。

  • 運用

運用は、ネットワークシステムを導入後に設計とは異なる要件が出た場合、ネットワーク機器の設定変更や構成変更などを行います。

  • 保守

ネットワーク機器の故障や障害発生があった場合に対応していきます。

ネットワークエンジニアに就職

66b4a04b4c9dbe9276b55f0a945f36b0_s

エンジニアという職は専門的な知識や技術が必要なのは確かです。ですが、就職時においては経験者や資格だけが全てではありません。確かにそれらがあれば就職活動において有利にはなりますが、それだけでは判断はしません。実際にインターネットの就職サイトには応募項目に未経験者でも可能という企業が増えていて、正社員で働いている人もたくさんいます。なので、未経験者でも全く問題ありません。

それは第二新卒者や既卒者も大丈夫です。第二新卒者の場合、前職は専門知識が全くない事務職やバリバリの営業職でも心配することはありません。事務職ならそこで得られたものを自己アピールへと活用したり、ネットワークエンジニアは技術だけでなくお客様やメンバーとのコミュニケーションも必要であるため営業の経験を活かしたりすることもできます。

既卒・第二新卒でも、面接において人間性・意欲・職に対しての考えなどを判断します。エンジニアは長い時間をかけて築き上げていくため、未経験者には将来性を求める部分もあります。

ネットワークエンジニアは多くの知識・技術が必要な上、新しいことが増えていくため常に学習していかなければなりません。それに、ネットワークエンジニアの仕事は技術のほかにコミュニケーション能力も必要となってきます。エンジニアとしてキャリアステップしていけば、お客様からシステムの要件を引き出し分析してまとめた提案書を説明する必要もあります。

ですが、そこに経験・未経験関係なく自分の努力が必要となってきます。また、正社員になった後は、企業が研修プログラムやトレーニングなどを一定期間設けてくれます。未経験者でもエンジニアとしてやっていけるように企業や先輩社員がサポートしてくれるため、未経験者だからと考える必要はありません。意欲・関心があるのならネットワークエンジニアを目指してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧