正社員採用・書類選考通過のための履歴書・職務経歴書の書き方

MENU

CLOSE

正社員採用・書類選考通過のための履歴書・職務経歴書の書き方

企業とのコンタクトになる履歴書の書き方

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s

とにかく丁寧に誠意が伝わるように

就職希望先に自分の情報を届ける最初の手段となるのが履歴書です。第二新卒者の方も就職活動で一度は書いたことのあるものでしょうが、採用担当者は履歴書に書かれた内容や書き方そのものから人となりを判断し、その人が企業にとって必要となる人材であるかどうかを判断することになります。

手書きの履歴書はもちろんのこと、パソコンで作成することが一般的になった昨今でも、いかに丁寧に読みやすいものを作成できるかどうかが正社員採用率を左右するのです。読み手の立場になり、自己アピールをできるように作成をしていかなければなりません。

日付から油断してはならない記入の注意点

履歴書作成は日付を記入する段階から油断をせず、隙のないものにしていく必要があります。

  • 日付

指示がない場合には一般的に西暦で記入します。記入するのは履歴書作成日ではなく履歴書提出日です。

  • 写真

人物像を判断するのに写真ほど有益なものはありません。第二新卒者であれば若者らしく好印象になるように服装や表情に気を配ってください。基本はスーツで、スピード写真ではなくスタジオ撮影の写りのいい物にしましょう。

  • 電話番号

日中連絡が取れる番号を記入します。携帯電話のみでも大丈夫です。

  • 住所

都道府県名から忘れずに記入をします。建物名も省略しないのが基本です。

  • 学歴と職歴欄

どちらも偽りのない内容で記入します。学歴に関しては浪人や留年の有無、職歴は職務経歴書で細かく書いていきますが、第二新卒者の前職、既卒者の転職回数、円満退職であったかなども確認されることがありますので、前職の職場名や部署、役職名などを正確に書いて「以上」で締めくくりましょう。長期間無職であった場合には、理由は履歴書で言及しないほうが賢明です。

  • 資格

自動車免許などの他に民間資格などであっても、希望する職種に活かせるものであればなるべく記入します。事務職などであればパソコンスキルや簿記など、営業職であれば語学力に関するものなどさまざまありますが、資格取得勉強中であってもそう書いておくことでアピールになります。

  • 趣味や特技

面接で話題になることが多いので、エピソードなどを補足しておくと好印象です。

履歴書で重要となる志望動機について

履歴書では志望動機欄が最大の自己アピールポイントになります。正社員になってやりたいこと、信念などをなるべく具体的に書き綴りましょう。ただしさほど履歴書の欄は大きくありませんから、誰にも負けない長所、仕事で活かせる技術などに絞って判りやすく書いておくのが賢明です。

また、本人希望の記入欄は「貴社規定でお願い致します」が原則です。

第二新卒と既卒共に経験を物語る職務経歴書の記入ポイント

ec6b9e45ff61400c057346a871f8e06d_s

スキルはもちろん人柄などにも注目している

職務経歴書ではこれまでの経験はもちろんのこと、自社に就職をすることでどのように役立つ人材へと成長するのかを総合的に判断されます。事務や営業といった関わった職種などもそうですが、それ以外にも性格、やる気、人柄、協調性、そういったものをトータルして採用を決めますから、ありのままの情報を記入することが大切です。偽っても面接時に食い違いが出て印象を悪くするだけになります。

事実を元にポテンシャルをアピール

職務経歴書は、これまでのキャリアを明確に記入することが大切です。

  • 経歴の要約

第二新卒者などは書き綴れる経歴も少ないでしょうが、その場合にはキャリアは端的に、同時に目標設定や仕事で意識をして取り組んだこと、自身の性格の長所などをアピールするのもおすすめです。

  • 職務経歴

以前いた会社の事業内容や設立年、従業員数などの会社の概要を細かく記入することで、どんな職場で働いていたのか判りやすくなります。働いていた期間、関わった仕事内容、成果などは具体的な数値を書き表すことが大切です。

  • 資格やスキル

履歴書と重複しますが、同内容を書いて問題ありません。

  • 自己PR

こちらも履歴書と重複しますが、職務経歴書のほうでより詳しく記入をして、自身の技術力ややる気をアピールすると好印象になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧