採用確率を上げるポイントと仕事探しを始めるのに適した時期

MENU

CLOSE

採用確率を上げるポイントと仕事探しを始めるのに適した時期

第二新卒に求める企業のチェックポイント

be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_s

円滑な人間関係を作れるコミュニケーション能力

既卒に比べると比較的安定市場である第二新卒に対する正社員の求人ですが、それでも第二新卒だからという理由で採用が容易になるということではありません。社会人として最低限、企業で働くことのできる能力を備えているかどうか、既卒に比べて経験が浅いからこそ企業がチェックするべきポイントや要望がたくさんあります。

その基本となるのがコミュニケーション能力です。一緒に仕事をしている相手と意思疎通ができるか、営業相手に不快感を与えることがない気遣いができるかどうか、こうしたことは業務を行っていく際の必須要素になります。

能力を伸ばせる可能性

企業が第二新卒に求めるのは就職をしてすぐに即戦力になることではなく、数年後の活躍です。ポテンシャルを図るためにも後ろ向きな転職活動ではなく、前向きに仕事に向き合えるという姿勢や、能力を伸ばしていく努力ができるかどうかということを見ます。

それをいかにアピールすることができるかで評価が異なってくるのです。たとえば事務職希望ならパソコンスキルを高めて資格を取ったり、営業職希望ならトークスキルなどを面接時にアピールできれば有利です。

ビジネスマナーが身に付いているかどうか

既卒第二新卒に限らず、最低限のビジネスマナーを身につけておくことは基本中の基本です。いくら仕事ができたとしても目上のかたに失礼な態度を取ったり、お客様への言葉遣いがなっていない、TPOを弁えない服装をしているなど問題があっては採用は遠くなります。

外回りをする営業のみならず、デスクワークの事務職であっても変わりません。就職活動時にある程度学んでいることでしょうが実践で活かせなければ意味がないので、今一度見直すことをおすすめします。

第二新卒が行う仕事探しはどの時期が有利か

42de2aecbf7b409dd09dfb55401aaf4c_s

正社員として働くために就職先はどう探す?

第二新卒の仕事探しは、あまり絞り込まずに視野を広げて情報を収集することが望ましいです。第二新卒でいられる期間は僅かですから入る目標にしている企業や業種だけではなく、転職情報サイトなどを利用して自分に向いている仕事や好条件の職場を探しながら吟味していくことが大切です。

その中から特に第二新卒採用に力を入れている職場を探すのが就職を成功させる第一歩になります。採用に向けて自分磨きをしつつ、コンサルタントなどに頼って情報収集に力を入れてください。

仕事探しをするならこの時期

求人が最も多くなるのは3月から4月にかけての年度の切り替わり時期です。ですから、新年が始まる時期から自己分析を始め、履歴書や職務経歴書を準備して少し早めのスタートダッシュを切れていることが望ましくなります。このタイミングを逃してしまった場合には、次に求人が増える9月から10月辺りを目標にして夏から行動を開始するのがおすすめです。

企業によっては事業計画を半期ごとに行っていることがありますので、新しい人を採用するためにこの時期に多くの求人が出されます。

第二新卒は新卒と同時期の就職活動が最適

なるべく年度切り替え時期に仕事を始めるのがいいとされる理由は以下のとおりです。

  • 転職退職などで人の入れ代わりが多いため求人数が多い
  • 新卒と共に新人研修を受けられることが多く仕事に馴染みやすくなる

企業側としても人が減りやすい時期ですので年度始まりに合わせて人員を補充したいと考えやすくなり、採用枠を広げる傾向にあります。もちろん就職、転職希望者の求職活動も活発になる時期ですから応募も殺到しやすくなりますが、だからこそ求人が増え始めたときにスタートダッシュができるように1月から2月辺りから準備をしておきたいのです。

第二新卒に求められるのは仕事への熱意や意欲です。就職するためのやる気を見せられるように努力をしてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧