ネットの正社員就職支援サービスを使うメリット

MENU

CLOSE

ネットの正社員就職支援サービスを使うメリット

さまざまなサポートを受けられるネット就職支援サービス

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

検索が簡単

ネット上で希望する条件を入力することで、簡単な求人検索ができることがメリットの一つです。事務や技術職、営業職といった職種選択、第二新卒対象の求人、既卒者を含む年齢層の幅広い求人情報、こういったことが条件検索するだけで一目でわかりやすく、24時間好きなときに調べることが可能になります。

非公開求人を調べて応募が可能になる

正社員就職支援サービスの利用での最大のメリットは、一般公開されていない非公開の求人情報を知ることができ、応募が可能になることです。単独で就職活動を行っていた場合には知りえることのない、好条件の求人募集の情報を仕入れ、就活を有利に進めていくことができます。

事業戦略に基づいた採用を行いたい、求人を公にしてしまうことで競合するライバル社に情報漏洩の恐れがあるなどの理由で非公開で採用活動を行っている企業は増えてきており、また、人気の求人募集で応募が殺到しないように、企業が求めるピンポイントの人材に向けてのみに公開するなど、選考に関する労力を削減するために取られている方法です。能力分析テストなどを受け、能力に適っていれば紹介してもらえるというケースもあります。

専門アドバイザーから就職に関するアドバイスをもらえる

就職支援サービスには専門のアドバイザーがいます。ネット状でも就活に関する疑問点や不安などをメールなどで送ると回答を得ることが可能です。自分に合った仕事がわからない、正社員はもちろんそれ以外の働き方のメリットを知りたいといった場合にも、第二新卒者はもちろん、20代後半以降の既卒者も対象にキャリアカウンセリングを行い能力や可能性を再確認するなどのサポートが行われています。

希望している職種はもちろんのこと、適性検査によってそれ以外の可能性も見出してもらえるので視野を広げられます。特に一度就職に失敗した第二新卒のかたには、客観的な視点から自分を見てもらえることで有益となる情報も多くなるでしょう。

就職支援サービスで把握しておきたい注意点

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

スキルが不足していると紹介される求人の幅も狭まる

アドバイザーに支援してもらえるのは心強いのですが、就職率を高めるために利用者に合った求人を紹介してもらえる反面、経験が少なければ採用される可能性の低い仕事は紹介してもらいづらいという点も挙げられます。その辺りはかなりシビアです。

事務職の経験があれば事務職を、前職が営業職なら営業の仕事を、関わっていたことのある職種を優先的に紹介することがほとんどなので、全く違う経験をしたいという場合にはアドバイザーを通さずに自ら動いたほうが賢明でしょう。

希望する待遇に沿っていない求人もある

支援サービスの利用でかなり条件のいい仕事が見つかりやすくなりますが、それでも自分の希望する待遇全てをクリアする職場を探すのはなかなか困難です。そのため、こうしたサービスは複数のサイトに登録をして、条件を見比べながら時間をかけて検索していくことをおすすめします。

受動的になりがち

利用の際に気をつけたいのが、アドバイザーに頼りきりになってしまうことです。

  • アドバイザーへは積極的に相談し要望を伝える
  • 未経験職種を希望する場合には自分から動いて探す
  • 待遇面などに不安があれば遠慮せずに交渉を持ちかける
  • 就活をしながらスキルアップを目指す

など、言われたままで自分から動かないということはないようにしてください。口を開けているだけでは就職先は見つかりません。支援サービスを利用しながらいかに能動的に仕事探しができるかが就職成功率を左右することになります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧