既卒の正社員就職、人気の職種は営業・販売・接客?

MENU

CLOSE

既卒の正社員就職、人気の職種は営業・販売・接客?

既卒と第二新卒って何が違うの?

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_s

新卒採用でうまく就職できなかったという既卒の方や第二新卒の方は再就職が難しくなると言うのが一般論ですよね。しかし、就活についてよく調べてみると第二新卒でも、そして既卒でも需要が高いことが分かります。正社員の案件もたくさんあるでしょう。ところで既卒は第二新卒とどのように違うのでしょうか?

答えは、正社員として働いた経験の有無です。第二新卒は正社員として採用された後に3んじぇん以内で退職した人のことを言います、そのため、既卒採用者に比べて会社での常識や最低限のスキルが身についているという特徴があります。

逆に既卒は、とりあえず新卒で就職先が決まらなかった人がすべてカテゴライズされます。つまり、既卒は就業経験がないため、履歴書に空白ができてしまいます。この点について第二新卒とはまた違った説明が必要です。

ただし、既卒も第二新卒も新卒より就活しづらいことは確かです。場合によっては契約社員での採用となるかもしれません。だからこそあなたと企業をしっかりマッチングしてくれるサービスをうまく活用する必要があります。実際に既卒採用はしていても、本当に内定を出した会社は全体の3割ほどと非常に少ないです。

第二新卒も6割ほどの会社が意欲的に募集していますが、こちらも実際に何割採用されたのかは疑問です。つまり、積極的に求めていることと実際に求めた人材を採用できることは別なのです。

それは、就活サイトでも良いでしょうし中途採用者の一人として、エージェントの力を借りることも有用です。いずれにせよ就活で失敗する理由の多くはマッチする会社を見つけられないことにあります。あなた一人で解決できない問題はあなた以外の人と協力することで解決が可能です。

既卒に人気のある職業というよりは企業の需要が高い職種がある

660c38a92a55fbe913cba13338cf8f45_s

既卒に人気のある職業というのは特にありません。それは、既卒の場合はまず職に就くことを第一に考えるからです。第二新卒の場合はキャリアアぷやみすまっちを経験することで職種を選びますが、既卒の場合はまず募集が多いところ、需要が大きい職種を選ぶことが求められます、

そのため、既卒が採用されやすい職種は営業職や販売・接客です。このような仕事は強いメンタルと高いコミュニケーション力が求められることから人員の定着が難しいとされています。そのため、既卒でも採用の可能性が高いわけです。

そもそも、既卒や第二新卒の採用を積極的に行うと言うことはそれだけ新卒の欠員ができることを意味します。時には事業拡大による採用も考えられますが、即戦力でない既卒や第二新卒を雇う時は長期的なビジョンを以て採用します。

また、販売や営業はどんな会社であっても一定数必要な点も挙げられます。事務の場合は技術が進むことで人員削減できる場合がありますが、直接お客様とこみゅいにえけーしょんをとる職業は、商売をする以上絶対に必要です。

接客は一部機械化されていますが、それでも「人のつながり」を求めて来店する人が多い以上、俗人的なスキルと言えます。ただし場合によっては営業ならフルコミッション、販売なら契約社員という求人も考えられます。

逆に事務職はあまり採用の枠が広くないです。これは、事務職の人員が流動しないことや、正社員でなくてもできる業務が少なくないことが挙げられます。たしかに、事務職は営業職のような精神的ストレスはかかりませんが、昇給や昇進をしづらいという点はあると考えられます。

実際に、事務職を希望する人は多く、希望者への対応が追い付かないと言う理由だけで大卒要件を定めている会社もあるほどです。よって、既卒の場合は需要の高い営業や販売のお仕事を探すと採用へ近づきます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧