第二新卒がアピール!?転職の道は一つではない

MENU

CLOSE

第二新卒がアピール!?転職の道は一つではない

第二新卒の転職先は自由自在で企業も承知済み

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s

第二新卒をデメリットと考えない事が大事

第二新卒だからと言って転職先が決まっていると思っていないでしょうか。実は企業は第二新卒の採用に力を入れており、転職市場では既卒の人を求めている企業も多くあります。更に言うなら既卒以外を採用していない企業もあるなど、企業が求めているのは即戦力となる優秀な人材です。

デメリットだと考えて転職活動を怠っている人も中にはいますが、人事もプロです。デメリットだと考えてどうでもいい様な感じで内定を取ろうとする人は求めていません。やる気があり、素人同然でも戦略に必要な人は採用されます。

アピールポイントが良く分かっていないだけと言うのもよくある話しであり、比較的企業が見ているのは第二新卒ではなく、その人自身です。30歳に近くなると、自分はもう若手ではないと考えて自暴自棄になる人もいます。しかし、営業や事務だけでなく色々な職種を選べる事を忘れてはいけません。デメリットだと考えてしまうなら、それを補うアピールポイントがある事を企業に伝えないといけません。

そもそも、企業は経験がない事が分かっている

企業側からすれば、第二新卒が社会経験が浅くすぐに辞めている事や既卒の事も分かっています。しかし、それでも第二新卒の採用に力を入れると言う事はその人の将来性を見ている事は確かです。企業側も今後が大事であり、若手の一年や二年など向上心があり前向きなら大丈夫と言ってくれるはずです。

そう考えていても、後ろめたい気持ちのある大に新卒や既卒は正社員の道を諦め、事務や営業しかないと考えてしまいます。事務や営業も一つの枠に収まらない事を知らないのも確かですし、企業側も同じ営業職でも前と違う姿勢を見せれば分かってくれます。

経験がないのは実績を見れば当然なので、同じ気持ちなのです。年齢が若ければ社会経験などなくて当然ですが、それでも企業は今後を担う人材を求めています。もちろん、転職先に対してしっかりした気持ちがあり実績を積み重ねていけるかどうかを判断します。中途半端な気持ちでアピールしても真剣さが伝わらないと覚えておきましょう。

ハンデと考えない事が大事

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

アピールポイントをしっかり行い、理解を深める

企業側が求めている人材が一体何なのか入社試験を受ける人にとっては分かりません。しかし、ハンデと考えず転職に強いインターネットサイトを使う事も大切です。まず、何を意識して自分の実績を整理していくかが重要です。単純に正社員になりたいと言う考えは捨てて、就職活動をしないと駄目なのです。上記に記載しましたが、企業は将来性を見ています。

それを第二新卒だから既卒だからとハンデにせず、今後の可能性をアピールする事が大事です。企業と転職者がミスマッチしてしまうとデメリットになってしまいます。

しかし、アピールポイントをしっかり把握し企業側が理解すれば相互関係が良くなります。転職者からすれば良い企業に出会えた事になりますし、企業からすれば今後の戦力になる良い人材を低コストで雇えた事になります。転職先が一つだと思わずに企業側の事も考える事も大事です。

転職先を自分の実力で決めてしまうと損をする

自分で分析を進めようとすると何も分からないまま、終わってしまう事が多くあります。しかし、自己分析をサポートしてくれる場所を利用し理解を深めておくと、企業に就職した後も役立ちます。又、転職先を自分だけで判断すると結果的に損してしまう人も現実にいます。

実は第二新卒や既卒にオススメの企業には大手会社や営業、経営相談が挙げられます。自分の経験した事を仕事に活かすのが経営相談の仕事をするコンサルタントです。就職先を選ぶとしても大手企業や公務員など男女共々、素晴らしい場所を目指す事も可能なのが第二新卒と既卒の立場なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧